日 本 初 の 小 学 生 向 け 大 学 2 0 2 1 年 4 月 開 校

ごきげん学部[メンタル・心理]



対話という体験体感型の授業を通じて、同世代の子と向き合い、お互いに話し、聴くことの中で『ごきげん』を実際に体感し、ライフスキルの芽を共有できるような授業内容になっています。みんなでごきげんになり、笑顔が絶えない授業にしましょう。

講師:

岩原 知美(いわはら ともみ)アイスホッケー選手
(株)市進ホールディングスに入社し、市進アスリートとして活動している。北海道出身でアイスホッケーをやる環境だったのもあり、2歳からスケートをはじめ、4歳から本格的にアイスホッケーをはじめる。高校生から日本代表に選ばれ、世界選手権やアジア大会など国際大会多数出場。日々練習に励んでいる。


辻 秀一(つじ しゅういち)スポーツドクター
北海道大学医学部卒後、慶應義塾大学で内科研修を積む。“人生の質(QOL)”のサポートを志し、慶大スポーツ医学研究センターを経て株式会社エミネクロスを設立。応用スポーツ心理学とFlow理論をベースとして講演会や産業医、メンタルトレーニングやスポーツコンセプター、スポーツコンサルタント、執筆やメディア出演など多岐に渡り活動している。アスリートのクライアントは競技を超えて幅広くサポート。スポーツ医学はFemaleAthleteTriadとライフスタイルマネジメントを専門とする。志は『スポーツは文化だと言える日本づくり』と『JAPANご機嫌プロジェクト』。2019年に「一般社団法人Di-Sports研究所」を設立。37万部突破の『スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル)』『プレイライフ・プレイスポーツ(内外出版)』をはじめ著書多数。
www.doctor-tsuji.com

対象:全学年(低学年コース、高学年コースに分かれる)

回数/実施日/時間:毎月1回/4月14日、5月12日、6月9日、7月7日/低学年17時30分〜18時00分・高学年18時10分〜19時10分

人数:6~10人(変更あり)

概要と目的:

・子どもの自立性を育てる
・柔軟でしなやかにやり切る力を育てる
・豊かな感性を育てる
・心身共に元気な子どもを育てる
・自己存在感のある子どもを育てる
・人間関係を豊かに生きる力を育てる
・上記の生きる力、ライフスキル(非認知脳)を育てる

準備物・準備すべき環境:ノート(メモを見返すよう)、筆記用具

心って何んだろう?

<高学年>心って何んだろう?
・心って何?どこにあるの?→辻&岩原
<低学年>好きなこと考えよう!
・好きな食べ物、好きな色、好きな季節、好きな人の話!→辻&岩原

ごきげんについて考えてみよう!

<高学年>ごきげんについて考えてみよう!
・ごきげんと不きげんの違い→辻&岩原
<低学年>楽しいって何だろう?
・楽しい事は何?苦しいの反対?→辻&岩原

好きを大事にしよう!

<高学年>好きを大事にしよう!
・好きは自由、比べる必要がない→辻&岩原
<低学年>悲しいって何だろう?
・どんなことが悲しい?→辻&岩原

感情って何だろう?

<高学年>感情って何だろう?
・人にはどんな感情があるかな?→辻&岩原
<低学年>色でイメージしてみよう!
・赤で思い浮かぶものは?→辻&岩原