日 本 初 の 小 学 生 向 け 大 学 2 0 2 1 年 4 月 開 校

主人公の条件学部[文芸創作]



この講座では、かっこいい文章を書こう!上手に書こう!と思ってはいけません。褒められない、誰にも理解されない、そんな部分こそがあなたの魅力なのです。自分の思いを素直に書く、それはとても勇気のいることですが、偽りのない言葉はどんなに上手な文章よりも誰かの心を動かします。
自分の思いやこだわりに向き合い言葉にしましょう。それ以上でもそれ以下でもないそのままの自分を信じて、肩の力を抜き、強く柔らかく生きていくための授業です。講座のあとにノートが空白だったとしたら?何も言葉が出てこなかった、それもまた壮大な物語なのです。

講師:

渡部 直子(わたなべ なおこ)
2020年3月まで、出版社の企画部署にて年間約600人の執筆をサポート。出版社に勤める傍ら、2017年1月にフリーペーパー「ママの大事なノート」を創刊。千葉県流山市を中心に毎月3,000部発行している。自身が編集長を務めるフリーペーパーが2017年CHIBAビジコンにて千葉テレ賞を受賞。2020年4月に独立し、市進の学童ナナカラにて「世界で一つの本づくり」のサポートや、子どもからおとなまで幅広い年齢層を対象に執筆および電子出版サポートを行っている。
サポートした電子書籍はAmazonの様々なジャンルでランキング1位を獲得しベストセラーになるなど、高評価を得る。
自身もライターとして執筆活動を行っている。

完全1対1の個人向けオンラインゼミ授業

オンライン家庭教師スタイル

タイトル「あなただけのストーリーづくりをお手伝いします」
概要:書きたいテーマやジャンルが決まっている子、執筆途中の子、決まっていないけど、何か書いてみたいと思っている子に対し、個別で希望に応じてアドバイスします。既にできあがっている作品を読み込み、講評や、より伝わりやすく、読みやすくするためのアドバイスなども行います。

実施時期:要望に応じて。

対象:小学1~6年生

人数:個別対応(単発、継続ご相談できます。)

時間:1 時間程度

費用:お問い合わせください。

準備物:ノート、筆記用具、構想や、原稿。

民間学童など教育施設向け単発授業 

施設単位でお申込みいただき、施設内で受けるオンライン授業

タイトル:「思いがけないきっかけのショートストーリー」

概要:このショートストーリー創作講座で、「ショートストーリーを一から考えて作ろう」という講座ではありません。毎回、必ず1-50の数字を適当に選んでもらうところから授業が始まります。1-50の数字は、度合いです。例えばその時の授業のテーマが「悪いこと」だった場合は、悪さの度合いの数字となります。(テーマは数字を選んでもらった後に発表となります。)自分ではない別な人物になり切ってもらい、数字に見合った「悪いこと(一例)」を考えてもらいます。「何故?どうして?」理由を付けていくうちに、思いがけないショートストーリーが出来上がります。授業の最後では、創作したストーリーと共に選んだ数字を発表します。数字に正解不正解はありません。(「悪さ」というテーマの場合、その悪さなら、この数字じゃないのではないか、などの議論はしませんし、正解はありません。)この授業では、新たな切り口からのストーリー創作以外に、他人のものの見方、考え方の多様性を感じ、感じ方が違っても、自分も他人も認める心を育むことを目指します。

実施時期:要望に応じて。

対象:小学3~6年生(低学年の子でも挑戦したい子がいれば可能)

人数:不問

時間:1時間

費用:講師1名 16500円(税込)~

準備物:ノート、筆記用具

タイトル:「出版企画会議!小学生による小学生のための本を考えよう!」

概要:ベストセラーのタイトル大喜利をします!「小学生が小学生のために書いた本が空前の大ヒット!ベストセラーとなったその本のタイトルとは・・・?」大喜利のように自由に考え書き出し発言していく中に、自分の本当に読みたい本、書いてみたい本のヒントが詰まっているかもしれません。タイトルを考えたあとは、内容を詰め、読んでもらいたい人を具体的に考えます。

実施時期:要望に応じて。

対象:小学1~6年生

人数:不問

時間:1 時間

費用:検討中

準備物:ノート、筆記用具

環境:オンラインでもオフラインでも

備考:オフライン希望の場合、実施地域により交通費相談